Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』見た感想【Amazonプライムビデオ】 - なすびブログ
スポンサーリンク

『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』見た感想【Amazonプライムビデオ】

amazonのプライムビデオで独占配信の、ダウンタウンの松本人志プレゼンツ『ドキュメンタル』という新番組が2016年11月30日に配信開始されました。

番組内容をざっくり言うと、「密室に集められたお笑い芸人10人が、お互いをガチで笑わせあって最後まで笑わなかったら勝ち」というものです。

第1話をとりあえず見てみたのですが面白かったので、今回の記事ではこの番組のレビューを書こうと思います。

スポンサーリンク

『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』感想

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル 予告編

番組内容

以下がamazonの公式の番組内容です。

松本人志プレゼンツ、密室笑わせ合いサバイバル。10人の芸人たちが自腹の参加費100万円を握りしめ、芸人のプライドと優勝賞金1000万円をかけて笑わせ合う。最後まで笑わなかった者が勝ち。密室に閉じ込められた芸人が極限まで追いつめられることで生まれる本能むき出しの笑いを見逃すな!

毎週水曜更新で、全4話だそうです。

「ドキュメンタル」というタイトルは、芸人同士のメンタルの戦いのドキュメンタリーということから、「ドキュメンタリー」+「メンタル」の合成語だそうです。

出演芸人

  • ジミー大西
  • 藤本敏史(FUJIWARA
  • 宮川大輔
  • くっきー(野性爆弾)
  • 大地洋輔(ダイノジ)
  • ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
  • 久保田和靖(とろサーモン)
  • 川原克己(天竺鼠)
  • 斎藤司(トレンディエンジェル)
  • アントニー(マテンロウ)

ルール

  • 参加者は10人
  • 密室で最後まで笑わなかった者が勝利
  • 笑わせるには何をしても良い
  • 松本人志に「笑ったと判定」された場合、ゲームが一時停止され、笑った者が追放される
  • 制限時間は6時間

見るには?

『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』はamazonのプライムビデオの独占配信番組なので、視聴するにはamazonのプライム会員になる必要があります。

プライム会員になるには年会費がかかりますが、30日間だけなら無料です。
番組に視聴制限はないなので、30日間で全4話を実質無料で見ることができます。
amazonプライムは以下のリンクから登録できます。

また、アマゾンプライムに登録すれば、この番組以外の様々な映画、ドラマ、アニメが見放題になるほか、amazonの商品を購入する際に通常より早く宅配されるお急ぎ便が無料になるなど、amazonの利用が破格に便利になるので、無料体験して損はないと思います。
事前に設定しておけば勝手に契約が更新されることなく1カ月きっかりで辞めることも可能なので安心です。

レビュー

1話を見ましたが、緊迫した雰囲気の中で芸人同士がお互い探りあい、笑わせようとする感じがまさにガチのドキュメンタリーって感じで、続きがとても気になりました。

出演芸人は参加費100万円を払う必要があるので、生半可ではない本気の笑わせあい勝負になることは間違いないでしょう。

『すべらない話』や『笑ってはいけない24時』に似た雰囲気も出ています。特に笑ってはいけないとは企画内容が被る部分もあります。
ネット配信だからこそできる「視聴率なんて気にしない笑い」がありそうで、続きがワクワクです。

まとめ

アマゾン限定配信の番組なので、地上波ではできないコアで前衛的な内容になっていると思います。
お笑い好きならぜひチェックしてみましょう。

スポンサーリンク
シェアされると裏で泣いて喜んでいます
更新情報はtwitterで!!


フォローしてもらえると励みになります!
TLそんなに汚しません!