Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

マウスコンピューター タブレットPC・WN892-A レビュー。WN891との違いは? - なすびブログ
スポンサーリンク

マウスコンピューター タブレットPC・WN892-A レビュー。WN891との違いは?

おととい、注文していたマウスコンピュータのウィンドウズタブレットが届きました。
WN892-Aは、windows10が入った2015年12月発売の新モデルです。
今回は二日くらい使ってみた感想と前モデルとの違いを記事にしてみます。

スポンサーリンク

マウスコンピュータ WN892-Aについて

レビュー

価格

officeが入って、キーボードもついて定価では3万円程度です。
surfacepro4を1台買う値段で4台くらい買えます。

正直安さが一番決め手でした。

officeについては新モデルになったことでややこしくなっています。(後述)

インターフェース

インターフェース

側面のインターフェース部分はこんな感じです。
低価格ですが、microHDMIなどもあり最低限必要なものは揃っていますね
充電はmicroUSB端子から行います。

フラッシュメモリ容量は32GBと少し少ないですが、microSDのスロットも付いています。
ここで増設すれば問題ないですね。

キーボード

WN892-A キーボード

付属しているキーボードは小さくてまだ慣れないです。
かなり小型化しているため配列には癖がありますが、慣れれば問題ないでしょう。
打ち込む感触は良好です。

ちなみにカバーとキーボードは一体化しています。

画像から部屋のベッドの上で撮った感が丸出しですが気にしないで次に行きましょう。

2in1=タブレットでもノートPCでも

タブレット

キーボードを外して使うとタブレットになります。
8.9型という大きさはノートPCにしては小さめですが、タブレットとしては標準くらいです。

まとめ・1ヶ月使ってみての感想

キーボードをつけるとほとんどノートPCと同様に使えます。

wifi環境が安定していればネットサーフィンはストレスなく行えます。
動画再生もyoutubeならばスムーズに見れます。

画面のスイッチを入れるボタンのレスポンスが遅いなど、些細な不満はいくつかありますが、価格を考えると許せます。

僕はノートPCを持っていなかったため、ノートPCとしての使用がメインになりそうです。

2つの使い道ができて定価約3万円という低価格ですから、かなりコストパフォーマンスは良いですね。

バッテリー駆動時間は6時間程度だそうです。

欠点ですが、画面の電源の入/切ボタンの反応が悪いことがあります。
「押してるのに2,3秒反応しなかったのでもう1回押そうとしたら、その瞬間に1回目のプッシュに反応して2回目の押しによって画面が消える」っていうことがたまにあります。
反応時間はそのときの状況によるみたいなので、常時レスポンスが悪いというわけではありませんが。

キーボードを装着してカーソルを使えば問題ないですが、液晶の隅っこをタッチするときの反応が悪いことがあります。

安い故に若干アレな部分は少し覚悟しておかないといけないかもしれないです。

前モデル WN891との違い

↑前のモデル

今回紹介しているWN892-A(2015年12月発売)の前のモデルに、windows8.1を搭載したWN891という製品がありました。

両者の違いを見ていきます。

最初にお断りしておきますが、ここで紹介する以外にも自分が認識できていない違いがあると思います。それにについてはご了承ください。

officeが違う

まず、PCをいじってみてびっくりしたのが標準で付属しているofficeについて。

自分が購入したWN892-Aと前モデルのWN-891はOSがwindows10か8.1かという違いだけなのだろうと思っていたのですが、インストールされているofficeが違うみたいです。

これは、2015年にoffice2016が出たことによる変更のようです。

前モデル:WN891 のOffice

では具体的に見て行きましょう。
WN-891のほうには「Microsoft Office Home and Business2013」といういわゆるoffice2013が入っているそうです。
これは今までどおりの、たぶん多くの人が想像するであろうofficeです。

現モデル:WN892-AのOffice

一方WN892ーAには「Microsoft Office Mobile + Office365サービス」というよくわからないのが2つついているようです。
なにこれ。

これらについてはややこしくて自分もいまだにあまり理解できていないのですが、ひとつずつ説明していきます。

office mobileというのはiphoneアプリなどにもなっているモバイル用のoffice(無料でダウンロードできるのもの)で、10.1インチ以下のデバイスの場合は基本的な文書の編集ができるということです。逆に10.1インチ以上だと編集ができないそうです。

WN892-Aは8.9型なので基本的な編集は問題ないみたいですね。

365のほうは何なんだって話になりますが、こちらはofficeを商用利用できる権利(その他にもワンドライブが1TB利用できる権利などいろいろ)が利用できる定額サービスなのだとか。
office mobileに加えて、これを1年間これを無料で利用できるってわけか。

officeについてまとめ

Microsoft Office Home and Business 2016 [ダウンロード][Windows版](PC2台/1ライセンス)

正直、Home and Businessのほうは永久に商用利用できるわけだし、昔のほうがよかったのでは?と思ってしまいますね。
普段officeを商用利用しておらず、そこまで複雑な機能を使わないという方ならmobileだけでも問題ないっぽいですが。

基本的な機能ってどこまでなんだよ!?という疑問に関してはわかりません。

amazonのリンクを貼り付けましたが、「Home and Business2013」と「Office365の1年分」のそれぞれの定価を見てみると、結構差があります。

また、このWN892-Aに付属しているoffice365は先ほどリンクを貼り付けたsoloというものではなく、もう少し安いものだという情報を見ました。
実際にはさらに価格に差があるみたいです。

office2016がリリースされたことによる仕様変更のようですが、Home & Business2016というのもちゃんと残っているみたいなので、こっちを付けてくれれば文句はなかったのですが。

軽量化した

追記:「軽量化した」という情報は、WN892-AではなくWN892のものでした。訂正してお詫び申し上げます。実際にWN892-Aを軽量したところ、WN891とほとんど変わりがない数値(500g程度)でした。以下の重さについての情報はWN892のものとなります。WN892については記事の最後で。

Officeは悪くなった気がしますが、よくなったところもあります。

まず、このタブレットPCが宅配で家に届いて箱を受け取った時点で中にちゃんと機械が入っているのか疑うレベルで軽かったのですが、前モデルからさらに軽量化したようです。

製品ページを見てみると、本体の重さ(キーボードは除く)が481gから383gになったということが分かりました。
僕が100g減量するのは簡単ですが、そもそも481gしかないのものをよく100gも軽量化したなあって感じです。
比率にするとおよそ20%減です。僕の体重で20%というと12㎏も減量しないといけません。

自分の体重をインターネット上に晒してしまった。

CPUが変わった

CPUが以下のように変わっています。

前モデルWN891    :intel Atom Z3735F
現モデルWN892A  :intel Atom x5-Z8300

少し調べてみると、Z3735FはintelAtomの第3世代のもの、x5-Z8300は第4世代のものらしく、新しい世代のものになっています。
そのため、CPU性能は向上していると思われます。

動作がより軽くなったといえますね。

まとめ

マウスコンピュータのタブレットPC「WN892-A」は前のモデルと比較してofficeが少し残念になったようですが、改善されたところもあります。
価格は依然としてとても手ごろなので、コスパは変わらず良さそうです!

追記
「軽量化した」の項目の最後にも書いたWN892についてですが、WN892-Aとは似て非なるモデルのようです。
重さの問題だけではなく、WN892-AにはフルサイズのUSBポートがあるがWN892にはないなど、この2つの製品にもそれぞれ差があります。

どちらかといえば、WN892-Aのほうが前モデルのWN891を引き継いだものとなっている印象を受けます。また、WN892-AのAはAmazonのAで、こちらはアマゾン限定商品だという情報を目にしました。

購入する際には、型番を間違えないようにお気をつけください。

WN892-A

WN892

追記その2

MT-WN1001

MT-WN1001という製品番号の、10.1型ディスプレイのタブレットPCもあるようです。
こちらもWN891やWN892-Aの系統を受け継いでいる印象を受けます。

液晶のサイズが大きくなっただけでなく、USB3.0に対応していることやストレージが64GBになっていおり、WN892-Aと比較すると性能が高い製品になっているようです。
ただし、サイズが大きくなった分、重さも598gに増えています。
また、値段もWN892-Aよりは高いです。

持ち運びやすさと価格の面では、WN892-Aに軍配が上がるのではないかと思います。

スポンサーリンク
シェアされると裏で泣いて喜んでいます
更新情報はtwitterで!!


フォローしてもらえると励みになります!
TLそんなに汚しません!