Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

オニツカタイガーのスニーカーの人気・おすすめ・定番のモデルを総まとめ!どれを買えばいいのか?【MEXICO,SERRANO,TIGER ALLY,LAWNSHIP】 - なすびブログ
スポンサーリンク

オニツカタイガーのスニーカーの人気・おすすめ・定番のモデルを総まとめ!どれを買えばいいのか?【MEXICO,SERRANO,TIGER ALLY,LAWNSHIP】

オニツカタイガーのスニーカー、カッコいいですよね。

自分も個人的にオニツカタイガーのスニーカーを買いたいなあと思っていて、ここ最近いろいろ調べていました。

せっかくブログをやっているので、そこで調べた成果を備忘録的に記録するついでに、どうせなら公開して、同じようにオニツカタイガーのスニーカーに興味がある人に向けて情報発信してしまおうと考えて、この記事を書いています。

スポンサーリンク

Onitsuka Tiger のスニーカーのシューズの種類

オニツカタイガーの基本情報

この記事を読んでいる方が、「スニーカーといえばコレ!」と思い浮かべるメーカーやブランドって何でしょう。

街でよく見かけるのはナイキ、ニューバランス、コンバースあたりなのかなぁと思います。

今挙げたこれらのブランドの源流はすべて欧米にあるのですが、この記事の主役であるオニツカタイガーはなんと、国産のスニーカーブランドなんです。

そこで、まずはそんなオニツカタイガーの基本情報からおさらいしていきます。

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)は、1949年にスポーツシューズブランドとして誕生しました。以来、スポーツシューズブランドのパイオニアとして、斬新なアイデアと技術を積極的に取り入れながら1977年まで進化を続けました。
2002年には、より洗練されたスタイルを求めて、スポーツファッションブランドとして新生。かつて競技用だったシューズはタウンユース用シューズにアップデイトされ、ファッションアイテムとして愛されるように。
新たにデザインされたウェアやバッグにも伝統のディティールとファッションマインドを両立する、オニツカタイガーのこだわりが表現されています。

オニツカタイガーは、現在のアシックスの創業者である鬼塚喜八郎が興した鬼塚商会が販売していたシューズブランドです。つまり、アシックスの前身が販売していた靴ということになります。

オニツカタイガーはもともとはスポーツ用のシューズを製造しており、のちにオリンピックの日本代表のシューズを手掛けるまでに成長しました。

その後、会社はアシックスに名称を変更しましたが、2002年にオニツカタイガーがファッションユースとして復活し、現在では日本だけでなく海外(とりわけ欧米)でもかなり人気が高いそうです。

自分は路面店に何度か足を運んだことがあるのですが、かなり外国人の方が多い印象を受けました。「オニツカタイガーは日本よりむしろ海外でのほうが人気」なんていう話をどこかで聞いたことがあるくらい、海外人気が高いです。

この海外人気は、映画「キル・ビル」の中でオニツカタイガーが使用されていたことが一因となっているようです。

アシックスタイガーとの違い

オニツカタイガーと混同してしまいそうなアシックスタイガーというブランドラインがあります。

こちらは社名がアシックスに変更されてからの1980年や90年代に製造されたスポーツシューズをファッションユースに復刻したブランドです。

少し年代が被ったりする部分もあるみたいなので厳密ではないですが、イメージとしては、アシックスタイガーが扱っているモデルより前の年代に製造されていたものの復刻がオニツカタイガーということになります。

この記事で紹介するモデル

この記事では、オニツカタイガーが現在リリースしているモデルのうち、「定番・王道」~「そこそこ人気」くらいまでのモデルをカバーしたつもりです。

結果的には、主要なものはほぼすべて網羅していると思います。

それぞれのモデルには、さまざまなカラーバリエーションや形状があります。
この記事ではその中のいくつかをピックアップして載せていますが、すべてはとても載せ切れていません。自分の好みに合ったものを探してみてください。

また、参考として載せているamazonの商品リンクの靴のサイズはかなりまちまちです。リンク作成の都合上、サイズはランダム選択されていて、31cmの価格が表示されていることもあれば、23cmの商品の価格が表示されていることもあります。
そして重要なことに、同じモデル・色でもサイズによってかなり値段が違うことがあります。

そのため、「自分に合うサイズの価格はリンクの表示価格よりも結構安くなっていた!」なんてこともあります。よって、Amazonでのサイズごとの価格については、リンク先のアマゾンでサイズを選んで確認するようにしてください。

また、リンクによって選択できるカラーバリエーションが違うことがあります。(同じ場合もあります)

SERRANO (セラーノ)  

[オニツカタイガー] スニーカー SERRANO D7B3L 9094ブラック×ペールゴールド 27.0

セラーノは、陸上スパイクを前身として生まれたモデルで、薄い靴底とそれによる軽さ、前足が少し巻き上がったアウターソールが特徴です。

全体的に生地が薄いので足袋のような薄い履き心地になります。

SERRANOはオニツカタイガーを代表するモデルといえるでしょう。おそらく、街でよく見かけるオニツカタイガーのこのモデルか後述のMEXICO66 or TIGER ALLYです。

スポーティなデザインで、豊富なカラーバリエーションがあるので、欲しい1足を見つけられると思います。SERRANOは他のモデルと比較して、特に多くのカラーバリエーションがあるので、色々な種類を見てみてください。

また、セラーノは他モデルより価格が安めで、手が出しやすいというメリットもあります。

ちなみに蛇足ですが、自分は今回主に紹介している4つのモデルの中ではこれが2番目に欲しかったやつです。候補のうちの1つだったので、実際にオニツカタイガーの路面店へ行って試着したのですが、とにかく軽いという印象を受けました。

MEXICO66 (メキシコ66)

[オニツカタイガー] スニーカー MEXICO 66 THL202 0146ホワイト/ブルー 27.5

MEXICO66という名前は、このモデルの前身となった靴が1968年のメキシコオリンピックのトレーニングシューズとして1966年に開発されたことに因むそうです。

オニツカタイガーの代名詞となっている、アシックスストライプ(靴の側面の2本ずつの線がクロスしたデザイン)がこのモデルに初めて採用されるなど、長い歴史を持ち、こちらもオニツカタイガーを代表するモデルとなっているでしょう。

SERRANOとMEXICO66の違い

MEXICO66は地面の感触が伝わるほど靴底が薄く、SERRANOと同様、軽い履き心地になっているようです。

一方で、形を見ればわかりますが、セラーノはシャープなフォルム、メキシコ66は丸みを帯びたフォルムです。この形からもわかるように、セラーノは縦に長い足によくフィットし、メキシコは甲が広い足に合うつくりになっています。

クッション性という点については、セラーノに軍配が上がるという情報を見ました。
これは、両者のインソール(中敷き)の構造の違いによるものだそうです。

ちなみに、MEXICO66にはスリッポンタイプもあります。

また、次にMEXICO-DELEGATIONという類似のモデルもついでに紹介しておきます。

MEXICO-DELEGATION

[オニツカタイガー] スニーカー MEXICO DELEGATION TH639L 2701タンドリースパイス/ホワイト 23.0

MEXICO-DELEGATIONは、メキシコオリンピックで日本選手団が着用していたものを復刻したモデルです。

公式サイトでは、

「MEXICO DELEGATION」が人気の理由は、懐かしい雰囲気を残すクラシック感。サイドに施された「MEXICO」マークや、陸上トラックをイメージしたユニークな中敷グラフィックデザインなど、当時のモデルをしっかりと再現しています。

オニツカタイガーマガジン オンラインストア Onitsuka Tiger MAGAZINE | MEXICO DELEGATION

という説明がなされていました。

確かに、昭和の時代の靴の復刻モデルだけあってクラシカルかつシンプルなデザインで、いろいろなスタイルに取り入れやすそうですね。

TIGER ALLY (タイガーアリー)

[オニツカタイガー] スニーカー TIGER ALLY TH701L 4545インクブルー×インクブルー 26.5

TIGER ALLY」は「TIGER ALLIANCE」(タイガーアライアンス)の後継モデルです。

「TIGER ALLY」という名前の新モデルとなったのはつい最近のことです。少し前までは「TIGER ALLIANCE」として販売されていて、記事作成時点でもまだネット通販などでは「TIGER ALLIANCE」のほうの商品もちらほら見かけるという状況です。

ジョギングシューズとして作られたシューズがもとになっており、α-GELを内臓したミッドソールのクッション性が特徴で、歩きやすさに定評があるようです。ネットのレビューではそれを絶賛する声が多く見られました。

見た目としては、丸っこいフォルムがニューバランスのスニーカーと似ていますね。
「NEW BALANCEだと被るのが嫌!だけどそれに匹敵する履き心地のスニーカーが欲しい!」という人にはオススメかもしれません。

以下はTIGER ALLIANCEです。

レビュー

ちなみに、オニツカタイガーを検討していた自分は迷った末にこれを購入したので、これについは長めにレビューをします。

履いた感想としては、自分が持っているニューバランスの574と比較して、574よりも履き心地がいいと思いました。

自分は特にスニーカーが好きでたくさん持っているわけではないですが、個人的には今まで履いたスニーカーの中でトップの歩きやすさでした。

もちろん574も十分歩きやすく感じているのですが、TIGER ALLYはその上を行っている感じです。

なので、TIGER ALLYはNEW BALANCEのお高めのモデルと同じくらいの履き心地なのではないでしょうか(高いニューバランスは履いたことないので完全に推測ですが)

CALIFORNIA78 (カリフォルニア78)

[オニツカタイガー] スニーカー CALIFORNIA 78 VIN TH110N 5099インディアンインク/スライトホワイト 30.0

CALIFORNIA78 は、1978年にリリースされたジョギングシューズが前身になっています。
当時の日本のジョギングブームの盛りたて役として一役買ったモデルだったそうです。

ジョギングシューズだったことの名残として、かかと部分にある夜に走るときのための光を反射する素材(リフレクター)や、ナイロンメッシュ素材による通気性が特徴です。

いろいろな情報を調べたところ、このカリフォルニア78もメキシコやセラーノに並ぶほどの高い人気を誇るモデルのようでした。

COLORADO EIGHTY-FIVE (コロラド エイティファイブ)

[オニツカタイガー] Onitsuka Tiger COLORADO EIGHTY-FIVE TH4S1N 9023 (ブラック/レッド/24.0)

コロラド85はトレイルランニングというオフロード向けのランニングシューズがベースとなっています。

特徴としては、凹凸のある特徴的な形をしており、爪先まで巻き上げられたゴム製のアウトソール(=地面と接する底の部分)や、そしてこれはタイガーアリーも同様ですが、セラーノなどと比較したときのミッドソール(=アウトソールより1層上の部分)の厚みでしょうか。これにより、クッション性と安定感を実現しているそうです。

TIGER ALLYよりは色使いが派手ですが、こちらも、TIGER ALLYと同様、ニューバランスっぽいですね。

LAWNSHIP (ローンシップ)

[オニツカタイガー] スニーカー LAWNSHIP THL518 0101ホワイト/ホワイト 26.5

TIGER ALLYがニューバランスだとすると、LAWNSHIPはアディダスのスタンスミスみたいなデザインです。公式サイトによれば、LAWNSHIPは奇しくもスタンスミスと同様、テニスシューズがルーツとなっています。

デザインの特徴として、側面にムレを防止するための通気孔が空いています。

自分は街中で人の履いている靴を観察するのが癖なのですが、スタンスミスは履いている人を見ない日はないくらいよく見かける一方で、それに比べてこのLAWNSHIPはなかなか見かけません。

したがって、スタンスミスは被り必至ですが、LAWNSHIPはおそらく被ることは少ないです

また、先述のようにオニツカタイガーは日本のメーカーです。国内企業を応援するという意味でも、デザインが気に入ったならLAWNSHIPもオススメです(笑)

「LAWNSHIP 2.0」はLAWNSHIPをアップデートしたモデルで、少しだけデザインが異なります。

GSM (ジーエスエム)

[オニツカタイガー] スニーカー GSM TH5K1L 0101スライトホワイト/スライトホワイト 23.5

GSMも、LAWNSHIPと同様にテニスシューズがルーツにあります。

特徴は、ジグザグに配置された鳩目(靴ひもを通す穴)です。公式サイトによれば、これによりさらに高いフィット感が実現されているのだそうです。

GSMのデザインはMEXICO-DELEGATIONとよく似ていますね。こちらも洗練されたシンプルな造りで、いろいろな服に合わせやすそうです。

EDR78 (イーディーアール78)

[オニツカタイガー] スニーカー EDR 78 TH503N 9740カーボン/リーフウォーターズ 27.5

EDR78はコロラド85と同様にトレイルランニングのシューズがベースとなっています。

特徴としてはコロラド85と同様に、凹凸のある巻き上げられたゴム製のアウトソールです。

舗装されていない道を走り、かつアップダウンが激しいトレイルランニングでは、おそらく地面に接する可能性のある部分が普通の靴より広いため、アウトソールに巻き上げの処置が施されているのでしょう。また、アウトソールのデコボコした形についても、グリップ力を高め、土の道を走り易いようにした工夫だと思われます。

コロラド85ではつま先側に巻き上げられていましたが、EDR78のアウトソールはかかと側にも巻き上げられています。

デザインとしてはコロラド85よりスポーティな印象を受けますね。

結局どれを買うべきか?

ここまで読んでくれた方から出そうな声を勝手に予想して返答してみます。

「いろいろ紹介されてるけど、どれを買えばいいのか迷う」→悩ましい問題です。
「いろいろ紹介されすぎて、むしろ混乱した」→ごめんなさい。

まぁつまるところ、「自分の気に入ったものを買えばいい」ってことに尽きます。

しかし、ここまで記事を書いておいて「あとは好きなの買ったら?」というスタンスの適当発言だけで済まして読者の方から予想されるこういった不満をみすみすそのままにしておくのはどうかと思いました。

そこで、読者の方から予想される声の傾向と対策として、ここまでに書いたことや自分のイメージをもとに分類してみます。

  1. オニツカタイガーの王道→SERRANO MEXICO66 
  2. スポーティな感じ→SERRANO MEXICO66 CALIFORNIA78 EDR78
  3. キレイめ・シックな感じ→TIGER ALLY COLORADO85 GSM LAWNSHIP
  4. テニスシューズ由来→GSM LAWNSHIP
  5. 歩きやすさに定評→SERRANO TIGER ALLY
  6. ニューバランスが好き→TIGER ALLY COLORADO85
  7. スタンスミスが好き→LAWNSHIP

この分類は、事実に基づいたもの、下調べているうちにネットのどこかで見たもの、完全に自分の主観であるものなどが混在しているので、すべてを鵜呑みにせずご自身の考えと照らし合わせながら参考にする程度にしておいてください。

ただし、これも主観と言われればそれまでな話ではありますが、TIGER ALLYの履きやすさはガチなのでオススメです。

その他のモデルでは、ネットのレビューを見る限りSERRANOに履きやすいという声が多かったです。両者の歩きやすさの特徴としては、TIGER ALLYは「クッション性」、SERRANOは「軽さ」というポイントなのかなぁと思います。

さらに端的にまとめると…

どれを買うべきか指針を示すつもりが、そこまで示せていなかった感があるので、本当に端的にまとめます。

デザインからもわかりますが、自分の調べたイメージとしては、SERRANO、MEXICO66、CALIFORNIA78、EDR78あたりは同じようなスポーティなデザインのモデルで、このグループだと特に人気なのはSERRANOMEXICO88です。

そして、無理やり残りのTIGER ALLY、COLORADO EIGHTY-FIVE、LAWNSHIP、GSMを1グループにまとめるとすると、この中ではTIGER ALLYCOLORADO85が人気です。

どこで買うべきか?

オニツカタイガーの「どれを買うべきか」について書いていきましたが、次の話題は、オニツカタイガーを「どこで買うべきか」です。

オニツカタイガーは取り扱い店舗が少ない!

いきなり残念なことを発表すると、実はオニツカタイガーのスニーカーを取扱っているお店はめちゃくちゃ少ないんです。

取扱店の多寡についてまず第一に言えることは、オニツカタイガーのスニーカーは他の多くのブランドのスニーカーのように、ABCマートなどの量販店では販売されていません。

記事作成時点では、公式サイト(店舗情報一覧|オニツカタイガーマガジン Onitsuka Tiger MAGAZINE)によれば、全国にオニツカタイガーのショップは26店舗しかないです。

さらにいえば、そのうちの多くは東京や大阪の大都市圏に位置しています。地方都市になると、そこそこ栄えている政令指定都市クラスの都市ではないと店舗がないことが多いです。

よくよく調べると、この公式サイトには書いていないセレクトショップの取扱店やアウトレットの店舗なども一応ありますが、それでも住んでいる地域によっては、ABCマートやASBeeなどの全国にある靴の量販店で扱っていないというだけで最寄りの取扱店までが遠く、実店舗ではなかなか入手しづらい状況にある人もいるのかなぁと思います。

でも、もちろんインターネットで購入可能

ここまで不安材料を書き連ねましたが、ご安心ください。最近は便利な時代になっているので、オニツカタイガーはネット通販でも購入可能です。

amazonでも品ぞろえが豊富なので、ネット通販での購入がオススメかなぁと思います。

自分は首都圏に在住しており、足を運べる距離にオニツカタイガーの路面店があったので、そこで試着してからネット通販で買うという方法でTIGER ALLYを購入しました。

Amazonで取り扱っている商品は多くの場合、路面店や公式通販と同じかそれ以下の価格なので金銭的にもお得です。

カラーラインナップはシーズンごとに代わる

オニツカタイガーのスニーカーのカラーリングは、基本的にシーズンごとに刷新されます。

ただし例外として、特段売れた人気のカラーや定番となっているカラーは再販されるようです。

一方で、多くのカラーはそのシーズンが終われば同じものがその後一生販売されないということもあり得るので、気に入ったカラーがあれば、売り切れる前に購入しておいたほうがよさそうです。

ちなみに、自分はこのことを知らずに目をつけていたものを購入しそびれたので後悔がないように注意してください。

まとめ

オニツカタイガーのスニーカーをまとめた記事を書きました。
自分がネットで調べたことや、店舗で見た情報を色々余すことなく伝えられたかなと思っています。

アディダス、ナイキ、コンバース、ニューバランスといった海外産のスニーカーもいいですが、日本が世界に誇る”Onitsuka Tiger”もとても魅力的ですよ!

スポンサーリンク
シェアされると裏で泣いて喜んでいます
更新情報はtwitterで!!


フォローしてもらえると励みになります!
TLそんなに汚しません!