Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

無名ブログの記事をSNSで拡散してもらう画期的な方法を全力で考えてみた。【バズる・はてブ】 - なすびブログ
スポンサーリンク

無名ブログの記事をSNSで拡散してもらう画期的な方法を全力で考えてみた。【バズる・はてブ】

SNS

いつもお読みくださっている方はありがとうございます。初めて見てくださった方も本当にありがとうございます。

さて、このタイトルに反応して来てくださったということは、ブログやサイトを運営しているor興味がある方だとは存じますが、今回の記事では、「はてなブックマークなどのSNSで拡散してもらう新しい方法」を考えてみます。

偉そうにこんな記事を書いている人間が殆どはてブをされたことがない泡沫ブロガーである大事故が既に起きているということを冒頭で明かしておきますが、ブラウザバックしないでくださいお願いします切実です。

スポンサーリンク

どうすれば無名ブログをSNSで拡散してもらえるのか?

従来の方法

「バズる」方法を解説している記事はネット上に山ほどあります。
そんなページは山ほどあるのに言われていることはだいたい一つしかありません。

コンテンツを充実させる

ということらしいです。

その他の細かいテクニックなどもありますが、だいたいはこれに集約されている印象です。

一応、これについて解説すると

①コンテンツを充実させる

②自然とSNSで拡散される

③更なる訪問者と拡散を呼ぶ

というメカニズムのようです。

現状

コンテンツを充実させろということですが、実際のところ、例えばはてブの新着エントリーに載っている記事なんて、有名なブログや大手のニュースサイトばかりで、無名ブログはかなり良い記事を書かないとバズるには至らないというのが現状です。

逆に言えば、知名度を勝ち取れば内容が多少薄くてもバズっているのではないでしょうか。

とはいえ、僕みたいな無名ブロガーにできることは、とりあえず皆様の為になる記事をお届けすることしかないのですが…

もっと手っとり早く拡散されたい!(傲慢)

だからお前は泡沫ブロガーをやっているんだと言われてしまうと返す言葉もないんですけど笑

有名ブログになんておそらく一朝一夕でなれるものではないと思うので、今回ははてなブックマークなどのSNSで拡散してもらうための最後の一押しの方法を考えます。

僕が考える方法

読んでいる方が、はてブ,twitter,facebookなどのSNSで拡散するのに必ず通る道があります。

ソーシャルボタンです。

ソーシャルボタン

こういうやつです。

ここから各種SNSの選択→投稿という2クリックするという簡単な作業をしてもらうだけで、「たくさんの人にブログを読んでもらう」という僕の目標はさらに高い次元にレベルアップするのです。

先ほど、「記事を最後まで読んでくれた方に拡散してもらうための最後の1押しをする方法を考える」といいましたが、具体的にはソーシャルボタンの上部に挿入する、ついついシェアしたくなるようなフレーズを考えます
今回考えたフレーズは3つあります。

①トイレ張り紙風戦法

トイレ

公衆トイレに「いつも綺麗に使っていただきありがとうございます」的な張り紙がしてあるのを見たことがないでしょうか?

僕の持論だとその張り紙があるトイレは大抵そこまで綺麗ではないのですが、それは置いておくとして、あの張り紙がしてあると綺麗に使わなきゃなと思いますよね。

トイレをブログにあてはめると、つまり、

いつも拡散していただきありがとうございます

と書いておけばよいのではないでしょうか?

ただし、このフレーズを使うにあたって、1つ注意があります。

綺麗な公衆トイレに「いつも綺麗に使っていただきありがとうございます」という張り紙がある場合は綺麗に使おうという気になりますが、汚いトイレだと説得力が低いですよね。

トイレ綺麗さ=拡散の多さとして当てはめると、SNSでよく拡散されている有名ブログ(=綺麗なトイレ)では良いのですが、このブログのような無名ブログ(=汚いトイレ)では、このフレーズはいまひとつ説得力に欠けるということになります。

これを解決するには、ソーシャルボタンにシェアされた数を表示させない設定に切り替えて、あたかも毎回シェアされまくっている人気ブログであるかのような顔をして「いつも拡散していただきありがとうございます」と書いておけばよいのです。

自分のブログを汚いトイレに例えているときは悲しくなりましたが次に行きましょう。

②シェアのありがたみを体で表現する戦法

体型

ブロガー的には、毎回読んでくれている方もたまたま検索エンジンから来て読んでくれている方も、サイトに訪れてくれている方は全員、お客様的な存在です。

そんなお客様がわざわざ2クリックの労力をかけてしていただくシェアを、ブロガーとしてただ当たり前のように見過ごすのはもってのほかで、こちらとしても何か負担をすべきです。

つまり、シェアされた数に応じて腹筋をすればよいのです。(唐突)

「このブログでは、シェアされた回数×3回、管理人が腹筋をしています」みたいなことをソーシャルボタンの付近に書いておくと効果がアップするでしょう。たぶん・・・?

③情に訴える戦法

%e7%84%a1%e5%90%8d%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

はてブされたことは殆どないこのブログですが、twitterでの拡散は何度かあります。
僕がそれに気付いた時は、本当にブログをやっていて良かったと思います。

逆に、ブログをやってない人からすると、SNSで拡散されることで僕がどれだけ喜んでいるのかが伝わっていないのかもしれません。

つまり、↑の感情をソーシャルボタンの付近に書いておけば、読んでくれている方が「拡散」=「人助け」的な印象を抱き「拡散してやるか」と思うのではないでしょうか。

シェアされると裏で泣いて喜んでいます」なんて書いておけば、効果は絶大です(たぶん)

まとめ

今回は、ブログを読んでくれている方にSNSで拡散してもらうためのフレーズを考えました。

3つの例を挙げましたが、ブログを運営している方はこれらをそのままお使いいただいて構いませんし、オリジナルのフレーズを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

大前提ですが、この方法は拡散してもらうの最後の1押しをする方法に過ぎません。
まずは記事の内容を充実させることに集中しましょう。←書いてて自分の心に響いた

このサイトでは③の「シェアされると裏で泣いて喜んでいます」を使ってみることにします。
本当にうれしくて飛び跳ねて喜ぶのでこの記事が気に入った方は是非シェアをお願いします!

スポンサーリンク
シェアされると裏で泣いて喜んでいます
更新情報はtwitterで!!


フォローしてもらえると励みになります!
TLそんなに汚しません!